寶珠山 東福院 遍照殿
納骨堂・永代供養

東福院について


慈悲の戒めの大日如来ご本尊さまのお話

尊厳な本堂内陣
大日如来

真言宗では、全ての仏さまは、この大日如来から分身したものとされています。

生きている間は、十二支(干支)の守り本尊として8人の仏さまに変身し、亡くなってからは全ての人の守り本尊として大日如来があるとされています。

「大日(おおきなひ)」と読むように、太陽の光が日々私たちの上にさんさんと照り輝くように、智恵と慈悲の光明を照らし続けておられる仏さまです。

優しく、気立ての良い人には観音さまのお姿で現れ、幸せをもたらし、言うことを聞かない人や、悪口ばかり言っている人には、お不動さまのお姿で現れ、戒めてくれます。

大日如来はマンダラの中心に描かれており、別名「遍照金剛」ともいいます。

大日に呼びかける時は「おんばざら だとばん」と真言(唱える文句)を唱えます。

ちなみに、弘法大師の真言は「南無大師遍照金剛」と唱えます。

前のページトップページ

・トップページ
・納骨堂の特徴
・種類と価格
・施設写真
・東福院について
・よくあるご質問
・案内図
・資料請求・お問い合わせ
・個人情報保護方針

寶珠山 東福院 (ほうじゅざん とうふくいん)

住所:〒160-0011 東京都新宿区若葉2丁目2番地
Copyright© 真言宗 寶珠山 東福院 遍照殿(納骨堂), All rights reserved.