「お彼岸について・2018年の日程と併せて」

納骨堂、永代供養なら東福院(東京都新宿区四ツ谷の納骨堂)

お彼岸について・2018年の日程と併せて(2018/3/3)

彼岸ついて
彼岸は年に2回ある仏教行事の一つです。
3月の春分の日、9月の秋分の日を中日とした前後3日間の計7日間の期間のことを言います。
最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸の明け」と言います。

2018年の彼岸の日程
春彼岸
彼岸の入り:3月18日(日)
   中日:  21日(水)春分の日
彼岸の明け:  24日(土)

秋彼岸
彼岸の入り:9月20日(木)
   中日:  23日(日)秋分の日
彼岸の明け:  26日(水)
 
彼岸とは
彼岸とは本来、煩悩を脱し悟りの境地のことを言います。
三途の川の向こう側のことです。
反対に私たちの世界を此岸と言います。
サンスクリット語で「パーラミター」、日本語で「波羅蜜多」と言う言葉で「到彼岸」と言う意味に由来します。
迷いの世界である此岸から「六波羅蜜」の修行により悟りの世界・彼岸へ到達できるというものです。
 
そこから彼岸の期間は悟りを開くための「六波羅蜜」の修行期間となり、
6つの修行を1日ずつ行います。
又、中日には先祖に感謝をする日となりました。
彼岸が7日間なのはこのことからと言う説があります。

更に、中日に当たる春分の日、秋分の日は、季節の変わり目で太陽が真東から出て真西に沈む日です。
この夕日に向かって手を合わせることは、西にある極楽浄土に向かって拝むことと同じ。
つまりは、ご先祖の方々に向かって拝むことにもなるとの考えから、彼岸の期間にお参りすることが習慣となったとも言われます。
彼岸にお墓参りする習慣は日本独自の文化です。


六波羅蜜とは
六波羅蜜とは悟りを開くための6つの修行のことです。
・布施…他人に対して善い行いをすること。
・持戒…戒律を守り、人間らしい生活をすること。
・忍辱…不平不満を言わず耐え忍ぶこと
・精進…最善を尽くして努力すること。
・禅定…心を落ち着けて動揺しないこと。
・智慧…真実を見極める認識力を得ること。
これらの修行をすることにより、彼岸に到ると言われます。

 
彼岸に「ぼたもち」・「おはぎ」を供える理由
「ぼたもち」・「おはぎ」と2つ呼び名がありますが、
春に咲く牡丹に由来して作ったものを「ぼたもち」
秋に咲く萩に由来して作ったものを「おはぎ」と言います。
牡丹の花は大きなお花ですので、ぼたもちは大きめに。
萩の花は小さなお花ですので、おはぎは小さめに作っているとも言われてます。
それぞれの季節の彼岸にお供えをします。
 
小豆には古くから邪気を払う効果があるとされ、このことから先祖のご供養のため、
又、家族みんな無事に生活できるようにとの考えで供えられるようになりました。
 

お彼岸のお墓参りに際して
2018年の春のお彼岸の期間は3月18日から24日までです。
東福院ではお線香をご用意しております。
今年初めてお墓参りをする方もいらっしゃると思います。
皆様のお元気な姿を見せて頂くためにも事務所へお寄り下さい。
お線香に火を付けている少しの間ですけれでも、交流の場にしたいと思います。
又、お花のご用意もしておりますが、ご自身で持参して頂いても構いません。
故人のことを考えながら、お花を選ぶこともご供養の一つです。

国民の祝日に関する法律では、春分の日を「自然を称え、生物をいつくしむ日」、秋分の日を「先祖を敬い、亡くなった人を偲ぶ日」と言われているそうです。
自然と先祖に感謝をすると言う日本独自の文化が、彼岸にお墓参りする習慣を根付かせたのではないでしょうか。
 暑さ寒さの彼岸まで言われます。
少しずつ暖かくなってくることでしょう。
春のお彼岸に、皆様のご来院をお待ちしております。

尚、多くの方々のご来寺が予想されます。
その為、車でのご来寺はなるべく控えて頂きます様お願い致します。

ページbackpege up