よくあるご質問

よくあるご質問

Q1 霊廟と墓地霊園との違いは?

A 簡単に一言で言えば、お墓が室内にあるか、室外にあるかの関係です。

霊廟の大きな特徴は、当霊廟を例えながら説明しますと、

  1. 経営(運営管理)が宗教法人でありながら、宗旨・宗派を問わない。
  2. 交通の便が良い都心にある。
  3. 冷暖房完備ですから、天候に左右されずいつでもお参りできる。
  4. エレベーター付ですから、お体の不自由な方、お年寄りも安心。
  5. 整然と安置されており、墓地特有の雰囲気が和らぐ。
  6. 比較的大きな区画、立派な墓など他家との差別がなく、各家平等な配置。
  7. 墓地周辺の草取り、掃除などの手間がなく、いつも美しく保たれ管理がやさしい。
  8. 墓地・墓石を求めるより手間がかからず安い費用ですむ。
  9. 日当たり、風通し、水はけ、造成の基礎工事、大雨・土砂崩れなどの心配がない。

など。

※宗旨・宗派を問わないとありますが、在来仏教に限ります。

このページの先頭に戻る

Q2 霊廟だと先祖に対して、有難みがないのでは?

A 決してそんなことはありません。

それより寺院の本堂と一体になった霊廟は、朝に夕なに住職の読経が聞こえ、供養の営みが行われます。やすらかな永遠の眠りを心地よくさせてくれます。

天候が悪いからなどと、ついついお墓参りが億劫になりがちですが、ここは天候に左右されない室内お墓。寒い日も、暑い日も快適にお参りできますから、ご先祖さまにとっても供養の心が通じるというものです。

このページの先頭に戻る

Q3 最近霊廟とよく聞きますが、どうしてですか?

A 特に都心では、宗派を問わない墓地は無いに等しいのではないでしょうか。また寺院の宗派に属していてもその墓地が少なく、高額であったりします。自分の家系には墓地があるといっても、必ずしもご自分がそのお墓に入れるとは限りません。代々続くお墓に入れるのは、一般的には家を継ぐ人、長男であったりするわけです。二男からは分家としてご自分が初代となり、お墓を建立しなければなりません。高齢化社会、少子家族化などの現代で、維持管理のかたちや考え方も変革され、先祖を尊ぶかたちも墓地から霊廟指向へと注目されています。寺院の持つ境内に、本堂改築などを機会に、美観を備えた霊廟を建立し、人々に宗派を超えて古い形に固持しない都市型墓地として、ご先祖を尊ぶお墓を提供できると考えるからです。

このページの先頭に戻る

Q4 霊廟内おメンテナンスは?

A ご安心ください。日常の清掃・保守点検など管理事務所で行いますので、手間がかかりません。

しかし霊廟は御霊が眠る特別な場所です。いつまでも美しく保つためにも、お供物や生花は各階霊廟の祭壇にお供えください。

このページの先頭に戻る

Q5 宗派に関係なく加入できるとは?

A 今までお寺や神社などに全くご縁のなかった人はもちろん、宗旨・宗派が違ってもお釈迦様を尊び、先祖を救う心は皆同じの観点から、当霊廟は全ての人々に平等に加入を認めています。(但し在来仏教に限る)

当寺院以外の僧侶の入館も加入者との同席のもとでできます。

このページの先頭に戻る

Q6 ここの経営者ですか。責任者はだれですか?

A 宗教法人ですから、経営というより運営と言ったほうが正しいでしょう。

当運営は宗教法人東福院。責任者は当寺院の住職となります。

このページの先頭に戻る

Q7 独立型納骨壇ってどうなっているのですか?

A 現在霊廟と言われている納骨堂は、大きく3種類にわかれているようです。

  • 1つは、カードを差し込むと石牌が窓口に出てくるコンピューター式。
  • 2つ目は、位牌だけがずらりと並べられた祭壇式。
  • 3つ目は、当霊廟が採用している対面独立型。

各家の納骨壇(お墓)が各家専用であり、墓地霊園と同じようにご貴家の納骨壇の前でゆっくりとお参りできるのです。

それぞれに合理性・機能性がありますが、コンピューター式は立体駐車場を想像してください。

前の人のお参りが終わらなければ次の人がお参りできず、お参りしていても気ぜわしさを感じさせるようです。

祭壇式は堂内に位牌が整然と祭られているようですが、お骨の存在場所がはっきりせず、お墓参りの気持ちになにか物足りなさを感じるようです。

さらには、安価な墓として最初から誰もかも合同にしてしまう合祀墓もあります。

このページの先頭に戻る

Q8 永代使用権って何?

A 末代まで加入された納骨壇使用の権利を保証されるものです。毎年の管理費を納めることにより、永代に使用できます。

このページの先頭に戻る

Q9 永代供養って何?

A 故人のためお寺で忌日ごとに永久に行う読経。これは核家族化が進んだり、施主が遠くに引越ししてしまったり、後継がなく法事などが遺族にて行われない場合、お寺自らが故人を供養することです。この永代供養を約束するため生前に永代供養料をお寺に納めておきます。当寺院では菩提寺や後継ぎがおられない方のために、真言宗の儀式による永代供養あるいは年忌供養を申し受けいたします。

永代供養を受けられますと故人個々の年忌法要、春秋の彼岸、お墓などに、合同供養祭を行い供養されます。

このページの先頭に戻る

Q10 法要はどうするのですか。納骨の時期は?

A 仏式の一般的法要は、亡くなってから七日目に初七日の法要を営みます。

続いてふた七日、み七日、し七日、ご七日、む七日、しち七日までが正式ですが、三十五(五七日)忌又は、四十九(七七日)忌に僧侶を呼んで法要を営みます。

五七日忌又は、七七日忌に遺骨をお墓に納骨する日でもあり、この日をもって忌明けとなります。

次に行われるのは百ケ日忌。これは故人が新仏となってから初めて行う法要。

百ケ日忌のあとは年忌法要。一周忌・三回忌・七回忌・以降十三・十七・二十三・二十七・三十三回忌・五十回忌と続き、あとは50年ごとに百回忌を行うのがしきたりです。一般的には三十三回忌くらいまでで、それ以降は先祖代々として営まれているようです。

このページの先頭に戻る

Q11 故人がいなくても、加入できますか?

A もちろん当霊廟に加入できます。今後ますます墓地霊園が深刻になり、遠くて不便な墓地を求められなければならない時代がきています。ご法事のみならずいつでも気軽にお墓参りできるお墓を探すのは大変。そのために早めにご用意されるご一家や個人の方が増えています。

当霊廟は都心。交通・環境など立地に恵まれた希少な地に建立されます。

たとえ遺骨がなくても、ご本尊様をお祀りし、そして仏様に感謝する。これがご先祖様に感謝し供養することとなり、亡くなってからではなく自分の心のよりどころ、心の安らぎの場として求められる人が増えています。

これは当寺院の本堂と一体化された霊廟ならではの特権とも言えます。

このページの先頭に戻る

Q12 私一人だけで、後継ぎがいないのですが、加入できますか?

A もちろん当霊廟に加入できます。万が一ご不幸にもお亡くなりになった場合、親戚縁者、知人の方(連絡者)などのお申し出により納骨させていただきます。(当霊廟発行の「東福院遍照殿永代使用権利証」又「東福院遍照殿永代供養加入証書」提出が条件となります。)

この場合亡くなってからの法事などのために、生前に永代供養あるいは年忌供養をお受けいただくことをお勧めいたします。

このページの先頭に戻る

Q13 途中で後継ぎがいなくなった場合。対処方法は?

A ご親族等相続を受けられた方(民法897 条による)がこのお寺をお守りいただく方法もありますが、前記しました永代供養・年忌供養に生前お申込みなられることをお勧めします。手厚い法要のもと住職がお守りいたします。

このページの先頭に戻る

Q14 すでに納骨されている墓地を持っていますが加入できますか。そしてその方法は?

A もちろん加入いただけます。お墓を別の場所に移すことを改葬といいます。改葬をするときは今までの管理者や菩提寺に申し出た上、現在あるお墓の市区町村の役所で事務的な手続きを行います。移転方法としては、そのお墓の土をお骨変わりとする。あるいは納骨されている骨壷をそのまま納骨するなどあります。

古いお墓の御魂抜き、新しいお墓に入れるときに開眼供養など僧侶の法要が必要とされますので、管理者、菩提寺にご相談下さい。

このページの先頭に戻る

その他 日本在来仏教の十三宗

中国から伝えられた仏教。釈迦お教えが、最も正しく伝えられている経典はどれか、どの経典をよりどころにするかによるかによって、さまざまな宗派が誕生しました。

●法相宗(ほつそうしゅう) 唯職法による学問仏教

奈良時代に栄えた南都六宗の内、今も残る華厳宗・律宗とともに日本最古の宗派。始祖は、西遊記で有名な玄奘三蔵。日本には道昭によって伝えられた。大本山は興福寺と薬師寺。かつては長年にわたって本山であったのが法隆寺。

●華厳宗(けごんしゅう) 東大寺と奈良の大仏さま

日本の華厳宗は、新羅の僧 審祥を始祖とし、日本人の僧 良弁を第二の始祖とする。大本山は東大寺(奈良市)。世界最大の木造建築物であり、金堂の毘盧遮那仏が有名な奈良の大仏さまのこと。さらに、国宝法華堂(三月堂)・お水取りで有名な二月堂など現存しているが、聖武天皇によって建立された東大寺から全ての伽藍が完成するまで20余年を費やす大事業だったという。

●律宗(りつしゅう) 大苦難の末、6度目にして来日

荒波にもまれ、何度も失敗を重ね、失明という事態になりながら大苦難の末に来日した唐の高僧 鑑真によって伝えられる。総本山は唐招提寺(奈良市)。天平時代の金堂など、伽藍の数々を今に伝えている。盧遮那仏座像・千手観音立像など国宝級の仏像・絵画を多数保有。

●天台宗(天台宗) 日本仏教の後世に大きく影響を与える

鎌倉時代に誕生した鎌倉新仏教は、天台宗の影響を大きく受けているといわれる。伝教大師最澄を宗祖とする。38歳に唐に渡り、天台法華経を授かり密教・戒律・禅なども学ぶ。空海が伝えた真言密教を「東蜜」に対し、天台宗の密教を「台蜜」と呼ばれている。総本山は比叡山延暦寺(滋賀県大津市)、金色堂で有名な中尊寺(岩手県平泉)は東北大本山。主な門跡寺院は、日光の輪王寺、上野の輪王寺、京都の妙法寺(三十三間堂)・三千院ほか、別格大寺に、上野の寛永寺、長野の善光寺があり、浅草の浅草寺も分派のお寺。

●真言宗(しんごんしゅう) 南無大師遍照金剛 高野聖 お大師さま

宗祖空海(弘法大師)は、最澄と同時期に31歳で留学僧として入唐。密教の秘法の全てを授かり、密教の習得に必要な経典や密教法具を持ち帰った。帰国に際し空海は「遍照金剛」という灌頂名を授かった。帰国した空海は高野山に入り真言宗の総本山となる金剛峰寺を建立。四国八十八ヶ所遍路は弘法大師のゆかりの寺巡り。様々は厄除け祈願でなじみの深い川崎大師や西新井大師などもこの宗派。

●融通念仏宗(ゆうずうねんぶつしゅう) この世で極楽浄土へ達するための念仏

比叡山で天台宗を学んでいた良忍が平安時代後期に興した。一時途絶えてしまうが法明良尊によって宗教復興に全力が注がれ、来迎寺、極楽寺、大念寺などの寺を興す。総本山は大念寺(大阪市)。

●浄土宗(じょうどしゅう) 南無阿弥陀仏と唱えるだけで救われる

法然が開いた浄土宗は厳しい修業もなく「南無阿弥陀仏」と唱えるだけで誰でも救われる、という教えはたちまち民衆の心をつかんだ。のちの念仏宗に大きく影響を与え、親鸞、一遍などを世に送り出した。総本山は鶯張りの廊下などで有名な知恩院(京都市)。七大本山の一つとして、徳川家の菩提寺として知られる港区の増上寺がある。

●浄土真宗(じょうどしんしゅう) 阿弥陀仏への信心だけで極楽浄土に往生できる

比叡山で修業していた開祖親鸞が、法然の唱えた専修念仏が自らの求めていた教えであると悟った。念仏禁止礼のもと、越後(新潟県)に流罪になるも、肉食妻帯・非僧非俗の立場で在来仏教を確立した。現在の浄土真宗本願寺派(西本願寺)と真宗大谷派(東本願寺)は、ともに親鸞の血統を受け継いでいる。

●時宗(じしゅう) 財産を捨て全国行脚に 念仏踊りが盆踊りの起源とも

開祖一遍。ひたすら念仏を広げるために全国行脚の旅に出た。このことから一遍は、遊行上人、捨聖とも呼ばれた。総本山は遊行寺ともいわれる清浄光寺(藤沢市)。

●臨済宗(りんざいしゅう) 座禅を行い、日常のすべてが修業である

栄西によって日本に布教され、日本初の禅寺も建立。禅宗の始祖は、だるまさんで親しまれる達磨大師。お茶は栄西によって中国よりもたされといわれ、茶道の礼儀作法が始まった。

●曹洞宗(そうとうしゅう) 黙々と只管打座による修業。座禅の姿こそ仏である

道元を高祖、体制を整えた瑩山を大祖。権力者に近づかず、地方の領主や一般の民衆に大きく広がった。道元が開いた永平寺(福井県)と瑩山が開いた総持寺(石川県から横浜市鶴見に移転)の両方を大本山とする。

●日蓮宗(にちれんしゅう) 法華経こそが最高の経典。南無妙法蓮華経と唱えよ

宗祖日蓮。この世は末法であり救えるのは「釈迦如来であり法華経にあり」として開祖。

辻説法は有名である。総本山は日蓮の遺骨がある久遠寺(山梨県)。大本山に日蓮が入滅されたといわれる本門寺(大田区)など五山ある。

●黄檗宗(おうばくしゅう) 念座一致の思想。鳴りものを多用する黄檗の梵唄

中国明の高僧、隠元によって開祖。60数歳という高齢で来日。明のめずらしく数多くの建築・仏像、いんげんまめも伝えた。大本山は、明の建築様式で建立された隠元開山の万福寺(京都市)。

資料請求・お問い合わせ

※来院は完全予約にて受付。事前にメールか電話で、ご連絡をお願いいたします。

0120-49-1029

資料請求 ・ お問い合わせフォームはこちら

東福院公式サイトはこちら

ページトップに戻る

寶珠山 東福院

住所:〒160-0011 東京都新宿区若葉2丁目2番地
Copyright© 寶珠山 東福院(納骨堂・永代供養), All rights reserved.